交通事故によって機能障害が残ってしまったのに、後遺障害が認定されずお困りではありませんか?
交通事故によって怪我をした場合、治療費や休業損害、傷害慰謝料、入院雑費などを受け取ることができます。
一見それだけもらえるのであれば困ることがないのでは…と安易に考えがちです。
しかし、機能障害が残り仕事復帰ができない、定期的に治療を続ける必要があるため高額な治療費がかかる、健康時のような生活ができないため家の改修が必要になるなど、場合によっては費用も莫大になることもあるでしょう。

交通事故による機能障害があるにもかかわらず後遺障害の認定がおりない方は、ぜひ一度後遺障害サポートドットコムを利用してみてください。
交通事故に関する知識をもった専門弁護士のサポートで異議申立をするとことで、認定される可能性があります。
認定されると、それまで支払われなかった「後遺障害慰謝料」や「逸失利益」が支払われることになるため、受け取ることができる賠償金が大幅に増額されるのです。

豊富な経験に基づいて異議申立書を作成してくれるのはもちろん、認定されなかった理由を特定するため医療記録など再調査してくれますし、認定されるためにはどのような診断書が必要か主治医に詳細を伝えてくれます。
そのため個人で異議申立を行った場合に比べて、よい結果になりやすいのです。
後遺障害サポートドットコムでは無料診断を受けることができますからぜひ利用してみてください。