患者の権利を守る点で意識が高い静岡市立清水病院は、医療行為は患者に主体があるという認識の下、病院全体に患者の権利を意思徹底している病院です。
年齢や性別にかかわらず、治療を受ける病名や症状にもかかわりなく、ベストな医療をすべての患者に施しているのが静岡市立清水病院です。
治療を受けるすべての段階で患者の人格や信念、価値観が常に尊重され、敬意をもって扱われています。
治療方法や検査内容、今後の治療方針や回復の見通しなど、正しい情報を理解できる仕方で知る権利が、患者に保証されています。
カルテ開示をいつでも要求でき、自分の治療記録を見ることが可能です。
治療方法や投薬について、医師から十分な説明を受けた後、患者は自分の意志で治療を受ける、あるいは継続するかどうかを自己決定する権利が保証されています。
個人情報が非常に高いレベルで保護されているので安心です。
このように静岡市立清水病院は患者本位の治療を約束し、実践しています。