結婚後に子どもを持つか持たないかは夫婦にとって大きな選択肢です。
近年、自らの意思で子どもを持たない人生を選択する夫婦も少なくありませんが、子どもを望んでも自然妊娠では授からず苦しい不妊治療を長年に亘って受けている夫婦も多くいます。
不妊の原因は実にさまざまですが、ここでは女性側が身体的な問題を抱えているケースを考えてみましょう。
病気によって卵巣を摘出したり、卵子の老化によって人工授精や体外受精でも成果が出なかったり、仮に受精卵が子宮に着床したとしても何らかの原因で上手く育たず出産にこぎつけない場合などがあります。
自然妊娠は出来なくでも、専門の病院で不妊治療を受ければすぐに授かるだろうと安易に考えている人が多いですが、決してはそうとは言えないのです。
一般的な治療での妊娠が望めない人には、卵子提供という選択肢があります。
代理母と混同してしまう人もいますが、ドナーはあくまでも卵子を提供するだけであり出産には関わりません。
20歳から30歳の日本国籍の健康なドナーから提供された卵子と、患者の夫の精子から出来た受精卵を患者の子宮の中で育て出産を迎えるのです。
専門医療機関と提携したエージェントによる24時間365日のフルサポートを受けることができ、戸籍上も実子として届け出ることが出来ます。
少子化が進む日本において、今後、卵子提供という選択肢を考えるカップルが増えるのではないでしょうか。