不動産業界で活躍するためには、仕事を頑張るということはもちろん重要ですが、他の人よりも優れているところを見せる必要があります。
入社しているような場合には、出身大学などは意味がありません。
他の人よりも良い靴や時計を身につける、高い美容室に通うなども有効かもしれませんが、会社から重宝がられる資格を取得することが、最も確実でコストパフォーマンスの高い方法だといえます。

不動産業界には、いろいろと必要な資格がありますが、その中でも、最も重要視されているのが宅建です。
宅建は、宅地建物取引士という国家資格の略称なのですが、不動産業界で、非常に需要の高い資格として知られています。
会社の中には資格手当が支給され、毎月のお給料に1万以上の資格手当がつくところも珍しくありません。

ただし、宅建の試験は、非常に難易度が高いことで知られています。
毎年、試験の内容は異なりますが、それでも合格率は15パーセントから17パーセントとなっています。
人気の資格ですので受講人数が多いことも影響していますが、それでもなかなか難易度の高い試験だということは間違いありません。
宅建について、もっと詳しく知りたいというのなら、不動産ココのホームページをチェックしましょう。