大切な人の訃報ほど悲しく寂しいものはありません。
しかし最近は家族葬など密葬が行われることが増え、弔問客として訪れることが少なくなってきました。
しかしお世話になった方、大好きだった方へ、そしてそのご家族へ哀悼の念を伝えることはとても大切なことです。
そんな時に心のこもった弔電を送ることをおススメします。
弔電なら家族葬でもご迷惑になることはなく、自分の気持ちを伝えることができます。
最近は、ただプリントされた殺風景なものではなく、プリザーブドフラワーや刺繡などがあしらわれたハイグレードなものがあります。
亡くなられた方がお花好きの方や、女性の方なら、そういったものを贈られると家族の方も悲しみの中、少しでも心が温かくなることでしょう。
また、送る方が女性なら尚更プリントだけの殺風景なものよりも、こういった繊細なものを送る方が心がこもっています。
もし事情があり、葬儀後でも弔電を送りたいと思うようでしたら、失礼のないように、ご自宅宛てにお線香などと一緒に送ると良いでしょう。
お線香も色々な種類のものを一緒に送ることができます。
焚くとお経文が表れる珍しいものもありますので、予算に応じて選んでみても良いかと思います。http://www.denpou.net/style_condolence.html