白内障とは、目の中の水晶体という部位が濁ってしまう目の病気です。
それによって視界がぼやけたりかすんだり、視力が下がってしまったりします。
主な原因は加齢によるものだと言われていて、
実際に私の祖父母も白内障の手術を受けたことがありますが、
早い方だと40歳くらいから症状が出てくることもあるため、
もしも目に違和感を感じた場合は、早目に受診することが大切です。
治療方法は、手術だけではありません。
初期でまだ症状が軽く、日常生活にさほど影響が出ていない場合には
手術はせずに、点眼薬で進行を遅らせる方法が取られます。
しかし点眼薬に期待出来るのは、あくまで進行を遅らせるということだけで、
症状を改善したり、完治させることは不可能です。
そのため、日々の生活に支障が出てきたり、
完全に治して白内障の症状から解放されたいと感じたタイミングで
濁ってしまった水晶体を取り除く手術を受けることになるようです。
大切な目の手術ですから、誰もが信頼出来る医師に任せたいと思うことでしょう。
例えば池袋にある松原クリニックでは、
良心的な価格で確かな技術を提供されているので安心です。
こちらでは切開の幅がたった2.4mmという手術方法が採用されていて
身体への負担が小さくて済みます。
検査や手術に使われるのは最新の機器ですから、
日々進化する医療技術に対応しているクリニックと言えます。
視界に違和感を感じたら、お早目に信頼出来る眼科医にご相談ください。