現代は精神的なストレスなどが原因で、ホルモンバランスが乱れやすく、若くして月経がこなくなった早発閉経の人が増えています。
先天性の病気を持たれている人や、卵巣の病気で卵巣を摘出した経験のある人は妊娠をするのが難しいです。
赤ちゃんが欲しいという夫婦は、最先端の生殖医療の卵子提供に高い関心を持っており、卵子を提供してくれる卵子ドナーが必要です。
不妊に悩んでいる夫婦に協力をしたいと考えている人は、卵子ドナーになって自分自身の卵子を提供したいという若い人が増えています。
20歳から30歳までの健康な女性で、先天的な疾患などがなく、飲酒や煙草、薬物などを使用していない人が適しています。
海外に2週間以上滞在できる人や、日本国籍であること、過去に一人でも出産経験のある人は歓迎されます。
卵子提供は、自分自身が妊娠、出産に関わる必要がなく、卵子を提供するだけなので安心して下さい。
エッグドナーセンターでは、インターネットを利用すると24時間いつでも申し込めるので、運転免許証や保険証などの身分証明書や写真などを用意しておく必要があります。
卵子提供のプログラムに参加した人は、卵子を採取できた場合は、50万円から80万円の謝礼を受け取れます。くわしくはここをクリック!