近年、アジアの国々が日本よりもGDPの伸び率が良かったり、製品が多く売れるといったことが多くなり、日本企業が世界で通用しなくなってきたかのような印象を受けることがあります。
けれども、こうしたアジアの国々の多くは、日本製の優れた部品を使い、それらを組み立てて製品を作っていることが少なくないのです。
ヤマナカゴーキンは鍛造金型に関する事業を手掛ける会社ですが、ここから生まれる金型はまさに匠によって作りだされたという言葉がしっくりくる、精度の高い優れたものばかりです。
この優れた部品があるからこそ、世界に通じる製品を組み立てて売れるようになるというのは簡単に理解できます。
昔も今も日本製品の品質の良さは世界中が認めるところですが、それらはヤマナカゴーキンのような優れた技術と匠の技を兼ね備えた会社が作りだす、一つ一つの精密な部品があればこそです。
日本が誇る精密機器は、それを支える精密な部品を生み出す技があることを実感させてくれる、そんな会社です。